ガラス基板から、PET基材に至るまでダイレクトに印刷できる樹脂凹版。
樹脂凹版フレキソ版微細線印刷技術よくある質問プリントプロ会社概要プリプラへのお問い合わせ株式会社プリントプロ
樹脂凹版の特徴
樹脂凹版【特徴1】 樹脂凹版【特徴2】 樹脂凹版【特徴3】 樹脂凹版【特徴4】 樹脂凹版【特徴5】
印刷風景 印刷結果 概観規格 プリント基板の試作 グラビア印刷版としての検証

樹脂凹版の特徴
HOME

樹脂凹版 > 樹脂凹版の概観規格



作成樹脂凹版の概観規格

 弊社作成の樹脂凹版は、お客様所有の印刷機シリンダー(エアーマンドレル、版胴など)に装着して使用します。現在、弊社樹脂凹版の概観規格は下記のとおりです。

 現在、最大面長幅は500mmですが、今後、樹脂凹版のご利用実績、更なるお客様のご要望、弊社技術の向上により、サイズアップを図りたいと計画しております。

 サイズアップなどのご希望は、別途ご相談いただきますよう、お願い申し上げます。



図

表. 樹脂凹版の概観規格(2015年6月時点※)

(mm) 最小 弊社印刷機 最大
周長 300 500 630 790 1980
面長 100 380 360 450 500
シリンダ直径 89.24 152.90 194.28 219.75 595.10
樹脂凹版の特徴
○上記、最小〜最大の範囲内で組合せが可能です。
※(注意)上記以外の規格については、別途お問合せください。
○弊社印刷機をご使用時には、最大320mm角の基板を2枚分、あるいは320mm幅のロールに対応した印刷が可能です。

  >>> 詳細な樹脂凹版の仕様については、お問合せください。

(c) 2015年6月 株式会社プリントプロ
プリプロ
株式会社プリントプロ(プリプロ)
〒577-0033 大阪府東大阪市御厨東1丁目4番36号
TEL.06-4308-5106 FAX.06-4308-5107
樹脂凹版フレキソ版技術紹介よくある質問会社概要HOME
樹脂凹版に、ご興味があり、試験評価をご希望でしたら、
お気軽にお問い合わせください。
サイトマップ