ガラス基板から、PET基材に至るまでダイレクトに印刷できる樹脂凹版。
樹脂凹版フレキソ版微細線印刷技術よくある質問プリントプロ会社概要プリプラへのお問い合わせ株式会社プリントプロ
樹脂凹版の特徴
樹脂凹版【特徴1】 樹脂凹版【特徴2】 樹脂凹版【特徴3】 樹脂凹版【特徴4】 樹脂凹版【特徴5】
印刷風景 印刷結果 概観規格 プリント基板の試作 グラビア印刷版としての検証
カーボン電極の試作        

樹脂凹版の特徴
HOME

樹脂凹版 > カーボン電極の試作


株式会社プリントプロ製、オリジナル電極のご案内

【背景】
 近年、環境物質計測センサー、生体物質計測用センサーなどにみられる、いわゆるバイオセンサー、ヘルスケアセンサーの開発、製品化が急成長している中、これらの各種センサー部分は「使い捨て」、いわゆるディスポーザブルセンサーであることが望ましく、かつ、低コストであることが要求事項となっています。

 当社の樹脂凹版(特許6241753)による印刷ノウハウと、これまで販売してきた「カーボン印刷電極」作成技術をさらに発展し、オリジナルの「電気化学計測用小型カーボン印刷電極」を作成しましたので、ご案内いたします。

 この手法によるカーボン印刷電極は、すでに約4社への販売実績もあり、ご好評を頂いております。この機会に是非、ご検討ください。

 ご検討されている図面をご提示いただければ、試作品の作成にいち早く着手できます。


【特徴】
・国内生産のため、設計変更や材料選定などの工程が管理しやすいです。
・自社製造のため、設計変更が可能で、お手持ちのデバイスに即した電極配列設計が可能です。
・従来製法よりも厚膜で、電気伝導度が高いです(調整可能)。
・当社にて、設計・製版・印刷を行うため、製造コストを下げ、電極使用コストを下げることが可能です。
・レーザー彫刻による版作成のため、パターン境界線エッジがシャープ(スクリーン印刷時の網目跡がない)に印刷ができます。

  などのメリットがございます。
電極


【仕様】
基材:主にPETフィルム(FR-4、ケント紙、上質紙など印刷実績あり)

電極材料: 作用極、対極(カーボンペースト)参照極(銀塩化銀ペースト)
絶縁部(アルキッド樹脂など混合ペースト)
他材料をご希望の方は要相談
電極厚み: 20ミクロン(カーボンペースト部)
個片寸法: 基材幅4ミリ×長さ12.7ミリ(幅方向6.9ミリ、長さ方向37ミリ実績あり)


【抵抗値分布】
(例1)1シート内に90個の電極を作成した場合、電極内1本の抵抗値(両端間)を測定した。
  平均値x:0.16kΩ
  ばらつきR:0.018kΩ
  変動係数σ/x:2.90%

(例2)同シートを連続生産した場合(今回70シート)の抵抗値の変動を測定(シート内任意の12点)した。
  平均値x:0.16kΩ
  ばらつきR:0.079Ω
  変動係数σ/x:7.03%
  ※出荷品は検品で選別します。

電極


電極製造風景

電極

  >>> 電極試作のご相談、お見積りのご依頼などは「お問合せ」のページをご利用ください。

(C)株式会社プリントプロ 2020/06/25
プリプロ
株式会社プリントプロ(プリプロ)
〒577-0033 大阪府東大阪市御厨東1丁目4番36号
TEL.06-4308-5106 FAX.06-4308-5107
樹脂凹版フレキソ版技術紹介よくある質問会社概要HOME
樹脂凹版に、ご興味があり、試験評価をご希望でしたら、
お気軽にお問い合わせください。
サイトマップ